Not Found

The requested URL /get.php was not found on this server.

メンバー紹介
gt647703

メンバー紹介

GMIのメンバーがなぜメコンの国々と関わるようになったのか。それぞれの、メコンの国々との出会いや思いをご紹介します。

私とメコン / 玉置彰宏

私とメコン河流域の国との出会いは、1994年のベトナム出張に始まる。
私が当時務めていた証券会社がベトナム政府からの要請を受け、ハノイとホーチミン・シティに証券取引所を作ることについてのコンサルテーションを行うことになった。

続きを読む: 私とメコン / 玉置彰宏

 

私とメコン / 岩城良生

ミャ ンマー出身の私にとって、メコン河流域との出会いは私が生まれた1969年からになります。ミャンマーで生まれ、育ち、初等教育から高等教育の途中まで (大学3年まで)受けて、1990年に就学生(日本語学校の学生)として来日するまで、私はミャンマー以外の国のこと、世界のことは活字やテレビのニュー スでしか知りませんでした。

続きを読む: 私とメコン / 岩城良生

   

私とメコン / 梅村香織

私の「メコンデビュー」は、学生時代に行ったタイである。ほんの数日間ではあったが、北部に住む山岳民族の村を訪ね、村の人々と寝食をともにする機会を得た。私は民族固有の色鮮やかな衣装と村の子供たちのはにかんだ笑顔にすっかり参ってしまった。

続きを読む: 私とメコン / 梅村香織

 

私とメコン / 大場由幸

私のはじめてのメコン体験は1996年4月から2年間のハノイ駐在です。当時、勤務していた金融機関にて、在ハノイ日本国大使館専門調査員(経済班)のポジションを拝命し、ベトナムに関する予備知識を全く持たない状態で赴任しました。

続きを読む: 私とメコン / 大場由幸

   

私とメコン / 小黒道子

メコンと聞いて真っ先に思い出すもの、それはタイ産のウィスキー「メコン」である。自分が毎日楽しく生きることしか考えていなかった20歳のころ、タイを旅行しながら毎晩「メコン」と共に騒ぎ、挙句の果てに高熱を出して安宿で何日も寝込み、友人に大迷惑をかけた思い出とひと塊となり眼前に浮かぶのが、私の「メコン」初体験である。

続きを読む: 私とメコン / 小黒道子

 

私とメコン / 楠木真次

2003年12月から経済産業省の情報処理振興課に在席し、アジアにおけるIT人材育成政策を担当した。自分とメコン地域の関わりの始まりである。ベトナムやタイとの関係もあるが、特にミャンマーのことを記す。

続きを読む: 私とメコン / 楠木真次

   

私とメコン / 後藤 修身

1987年、ラングーンの空港からダウンタウンに向かうタクシーの中に私はいた。この車、戦時中から走っているのではないかと思わせるポンコツのアメ車で、ががたがた道をぜーぜー言いながら走っていた。

続きを読む: 私とメコン / 後藤 修身

 

私とメコン / 古川孝宏

私が小学校3年生の時、白黒映画の『ビルマの竪琴』をテレビで、幼いながらもじっと見ていたそうです。母がそんな私を見て、『ビルマの竪琴』の本を買って与えてくれました。記憶の中に残っている印象的な出来事です。

続きを読む: 私とメコン / 古川孝宏